乾燥肌の人が髪をブリーチする場合

最近は、かつてのように一つのヘアスタイルが流行するということはなくなり、誰もがいろいろなヘアスタイルを楽しむようになりました。それに伴い、ヘアカラーの種類もさまざまなバリエーションが増えています。

明るいヘアカラーは、それだけで顔色が明るく華やかに見えるので、簡単に雰囲気を変えることができます。自分のイメージチェンジをしたいという人には、とても便利なアイテムです。
しかし、日本人の場合は、明るいヘアカラーにしたい場合には、強力なブリーチ剤を使わなければなりません。日本人の黒髪は、元々の色素が強いので、強い薬剤で脱色しなければ、美しい茶色や栗色にはならないからです。

そのため、ブリーチ剤は人によっては頭皮や顔の皮膚にトラブルを与えることがあります。強力な薬剤には、それだけ肌にとってあまり好ましくない化学成分が多量に含まれているからです。
特に、乾燥肌の人は、このような薬剤を使うと、ますます肌が荒れてしまうことがあります。せっかくヘアカラーをしてキレイな髪になっても、乾燥肌の人の素肌はかえって汚くなってしまうということがあるのです。
ですから、乾燥肌の人は、自宅でのヘアカラーよりも、美容室で行うことをおすすめします。

他には乾燥肌ファンデーションを使用することもオススメです。
乾燥する季節は特に化粧水といったスキンケア商品ばっかりに気が行きがちですが、毎日使うベースメイク用品にも気を使うことが大切ですよ。